正社員のメリット

群馬の有限会社CKNは、とび工事の仕事をさせて頂いております。只今弊社では正社員の求人を募集させて頂いておりまして、皆さんの中にもこれから正社員として働いていきたいとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は、とび工事の仕事のメリットにはどのようなものがあるかについてお伝えします。

まず第一に、正社員は福利厚生が充実していますので、長期的に働くには適しています。また、基本的に正社員は雇用が安定していますので、安心して仕事に集中することができます。正社員であるだけで社会的な信用もできます。一般的に、高収入を得ることができる傾向にあります。そして、一旦正社員として仕事に従事をしている場合には、もしも将来転職をする場合でも転職活動に有利になることがあります。社内でのOJTがあるなど教育体制も整えられています。

群馬の有限会社CKNは、全国で重量物搬入据付・解体撤去工事などを手がける重量鳶業者です。弊社では、知識・経験共に豊富な職人が、どんな現場でも常に真剣に仕事と向き合っております。現在正社員の求人募集をしており、頑張りに応じて高収入を目指して頂けますので、少しでもご興味のある方はお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

とび工事と足場工事の違い

群馬の有限会社CKNは、とび工事に関する業務を行っております。皆さんは、とび工事とはどのようなものであるのかについて、ご存知でいらっしゃいますでしょうか?とび工事は高所で作業を行う工事のことですが、それと同じような工事として足場工事もありますが、とび工事と足場工事の違いが分からないという方もいらっしゃいます。

それでは、とび工事は足場工事とどのように違うのかといいますと、とび工事はマンションやビルなど構想の建物を対象にして施工が行われます。これに対して、足場工事というのは主に一般住宅を対象に施工が行われます。とび工事の職人は少しダボダボしたズボンを履いていることがありますが、足場工事の職人も同じような服装をしていることがありますので、残念ながら見かけ上は違いを判断することが難しいと思われます。

群馬の有限会社CKNは、全国で重量物搬入据付・解体撤去工事などを手がける重量鳶業者です。弊社では、知識・経験共に豊富な職人が、どんな現場でも常に真剣に仕事と向き合っております。現在正社員の求人募集をしており、頑張りに応じて高収入を目指して頂けますので、少しでもご興味のある方はお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

高速道路のリニューアル工事はどのように行うの?

群馬県に拠点を置くCKNでは、全国各地の橋梁撤去工事、およびリニューアル工事を行っています。

高速道路をリニューアルする際は橋脚を新たに追加し、古くなった橋脚を取り外していく方法が一般的です。

また橋脚だけでなく、上部工(道路の部分)も新しい物を取り付けていきます。

高速道路は一見長い道路のように見えますが、数十メートルおきにつなぎ目があり、それをつなぎ合わせて完成させています。

老朽化した上部工を取り外し、そこに新たな上部工を取り付けていくことで高速道路のリニューアルが完成します。

工事期間中はもちろん通行止めにして安全確認を行った上で開通となります。

橋脚を新たに導入する際は、橋脚設置箇所の掘削を行います。
掘削を行った箇所に橋脚を埋め込んで、上部工への接続を行う流れです。

なお、橋脚を設置する場所は地盤が緩んではいけないので、橋脚基礎と呼ばれるコンクリートを地面に打ち込んで、土台を強化する方法もあります。

そして上部工はクレーン車でつり上げて、橋脚の上に設置する形です。
高さもありますので、ラフタークレーンなどの上層部に設置できるようなクレーン車を活用します。

CKNではこういった橋梁リニューアル工事も行っています。
現在作業員を募集中です。
興味がある方、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

橋梁特殊工事ってどんなことするの?

群馬県に拠点を置くCKNでは橋梁特殊工事に対応しています。

橋梁特殊工事は橋や高速道路の建設、およびメンテナンスに関わる工事のことです。

例えば大震災が発生した時に橋脚が崩れてしまうかもしれません。
橋を支えている足の部分には、特に大きな負担がかかりやすいので、そういった箇所にひび割れは起きていないか、地盤は緩んでいないかを確認します。

高速道路の場合は橋脚部分だけでなく、上部工(道路を設置している上の部分)に不具合がないかも確認します。

橋脚が上部工を支えて道路が完成していますので、そういった比重を受け入れるだけの強度が保たれているか確認するのも弊社のお仕事です。

高速道路の構造を確認するのが弊社の主な業務ですが、落下物防止策やガードレールなども設置されていますので、そういったものに不具合がないか確認します。

高速道路は全国各地にあり、日々メンテナンスや修繕、あるいは新設工事が行われています。
そういった現場に向かい作業するスタッフを現在募集しています。

とび工事経験がある方や、橋梁工事経験がある方は大歓迎ですが、18歳以上でやる気のある方であれば積極的に採用しています。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

高収入が期待できる重量鳶の仕事とは?

群馬県を拠点に全国各地で重量鳶の仕事を行っているCKNです。

一般的に鳶工事というと、住宅の建築資材を組み立てる仕事を思い浮かべるかと思います。

もちろんそれも鳶工事の一つですが、重量鳶の場合は対象物がもっと大規模なものになります。

具体的には商業施設、オフィスビル、病院、学校、橋梁、ダムなど。
敷地面積が広く、大きな建物を施工する場合に重量のある鉄骨資材を導入し、組み立てていきます。
そういった作業を重量鳶と呼んでいます。

戸建て住宅のように木材を作業員が肩に担いで運ぶなんてことはできません。

鉄骨資材をクレーン車で吊り上げて、該当の場所まで玉掛けを行う作業員が安全確認を行いながら配置していきます。

そのため作業員はクレーン車の免許、もしくは玉掛けの免許を所有しているスタッフが多いです。

全くそういった資格がないという場合には、溶接や部品を取り付け作業をメインに行っていただきます。
溶接も正確には資格があるのですが、資格がなくても業務に当たることは可能です。

大規模な施設の建設に携わることができるため、全国的に知名度の高いダムや橋梁の建設作業に携わることも可能です。

重量鳶に興味がある方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら