美しい橋を架ける仕事に魅力を感じる方は橋梁特殊工事職を目指そう!

河川の橋、鉄道橋、歩道橋など美しく新設された橋を渡るのはとても気持ちが良く、また観ても美しいもの。

日本のよりよいインフラ整備のためにも橋は欠かせない存在です。

橋と一口に言っても橋にはいくつかの種類が存在します。

弓なりの構造体となっているのがアーチ橋。

弓なりの構造体を用い荷重を圧縮力で支えているのが特徴です。

桁部分にトラス構造を使ったのがトラス橋。

その他2本の主塔と二組のメインケーブルを持ちそのケーブルからハンガーロープで桁を支持する吊り橋やドイツ語で骨組みを意味するRahmenに由来したラーメン橋などがあります。

このような色々な種類の橋を架けるための足場の建設や新設、橋の修理、耐震補強、補修を行うのが橋梁特殊工事の仕事。

橋を架けることで地域の人々の役に立つことが出来、地図に載り後世に残る大変やりがいのある仕事です。

全国各地におもむき現場作業を行うため毎日が新鮮。

体力や技術・知識・集中力と全て必要な重労働ですがやる気があれば様々な資格を取得でき安定収入・高収入が目指せるほか、全国各地の文化や観光、食事も楽しむことが出来るなどメリットも沢山あります。

橋梁特殊工事職・橋梁撤去工事・重量鳶のプロフェッショナルを目指すなら群馬県富岡市の「有限会社CKN」にお問い合わせください。

ただいま正社員募集中。

やる気があり18歳以上で普通免許があれば未経験者でも大歓迎です。

お問合せはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.ckn-tomioka.com/contact/

 

詳細はこちら

群馬で鳶職人として働きたい方大募集!

群馬県富岡市を拠点に重量鳶、橋梁特殊工事、橋梁撤去工事全般を展開している有限会社CKNです。
工事現場での作業となるため、事務所で作業することはほとんどありません。
橋梁は群馬のみならず、全国各地にあるのでご要望次第では遠方での作業が発生するケースもあります。

現在有限会社CKNでは、鳶職人を募集しています。
一般の鳶工事とは違い、重量鳶になります。
足場を組み立てたり、鉄骨資材を使って建物を建てるのではなく、大きな橋をコンクリート資材を使って組み立てていきます。

高速道路や鉄塔、ダムなどが対象となるので、非常に規模の大きい工事になります。
人数も数十名動員し、全員で作業していくイメージです。

重機を扱える作業員は資材を施工部分まで運びます。
溶接が出来る作業員は資材の接合、溶接に努めます。

作業内容は現在のスキル、免許の取得状況など考慮してお任せしていきます。
重量鳶はフォークリフト運転技能者、玉掛け技能者、クレーン運転技能者が多いのが特徴です。
業務の特性上、資格は全員目指していただきます。
入社時は重量鳶としての経験がなくても構いません。

建設現場で働きたい、橋や道路を作って地域の振興に役立ちたいという方からのお問い合わせお待ちしています。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

重量鳶は一般の鳶工事と何が違う?

群馬県富岡市を拠点に鳶工事を展開している有限会社CKNです。
有限会社CKNに度々「重量鳶は一般の鳶工事と何が違う?」というご質問を頂きます。

一般の鳶工事は主に戸建て住宅の施工に関わる作業を指すことが多いです。
木材を搬入し、柱や梁、屋根を組み立てていく仕事です。

それに対し、重量鳶は重い資材を搬入し、組み立てていく仕事です。
例えば、大型機械や空調設備、業務用太陽光パネルなど、フォークリフトやクレーン車が無いと設置できないような作業となりまます。

一般の鳶工事というと、鳶職人がトンカチでカンカンと木材を設置していくイメージですが、重量鳶はそういった作業は発生しません。

重さ何トンにも渡る重量のある資材を運びますので、慎重かつ正確さが求められる仕事です。
重量鳶では重機の取り扱いが求められます。
具体的には下記の資格があると、現場で活躍できる可能性が高まります。

・フォークリフト運転技能者
・玉掛け技能者
・小型移動式クレーン運転技能者
・床上操作式クレーン運転技能者
・高所作業車運転技能者

全部取得している方は少ないですが、玉掛けやクレーン車の免許はできるだけ取得しておきたいところです。
有限会社CKNでは、重量鳶の仕事経験者を募集しています。
未経験でも仕事への意欲、免許取得への意欲がある方は採用する可能性十分ですので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

橋梁特殊工事とは?鳶職が活躍できる現場です!

橋梁特殊工事は本来、川や渓谷を渡るために架けられた橋の工事のことです。
ただ実際には川や渓谷以外の場所の橋梁構造物(高速道路など)に対する工事も橋梁特殊工事と呼ぶことが多いです。
橋梁特殊工事は鋼製やPCコンクリート製資材を使って、土台や橋本体部分を施工していきます。

橋梁は新設することが多いですが、老朽化や損傷がある場合の修繕工事を行うこともあります。

橋梁は橋桁、橋台、高覧などで構成されています。
橋桁は橋梁の道路を支えている部分。
橋桁の途中で支柱を設置できないこともあるので、強度、耐久性が求められます。

橋台は橋梁の支えとなる部分。
コンクリート製の大事な柱です。橋台がないと倒壊してしまいます。

高覧は道路の周りを囲む落下防止柵のことです。
車が事故を起こし、道路外に飛び出した場合も想定して、強度ある作りになっています。

橋梁特殊工事の施工手順は橋台を最初に建て、その次に道路と橋台を架けていきます。
高覧を掛け、テスト走行を行い、安全面で問題なしと判断されれば、開通となります。

とても大がかりな工事ですので、施工期間は数ヶ月、数年に及ぶことが多いです。
有限会社CKNでは、橋梁特殊工事に携わっていただける鳶職人の方を随時募集しています。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

とび工事としてキャリアを積むのに必要な資格

もしもこちらの記事をご覧の方がとび工事としてのキャリアを頑張っていきたいとお考えでいらっしゃるのであれば、単に実務経験を積むのみならずとび工事に関する資格取得を目指すことも検討をしなければいけないでしょう。そこで今回は、とび工事に関する資格について、少しお話をさせて頂きたいと思います。

まずは基本的なところですと、玉掛技能講習及び玉掛特別教育です。とび工事の世界では玉掛作業が基本的な作業になりますので、習得が必須となります。そして、足場の組立て等作業主任者技能講習も受けておくと良いでしょう。鉄骨の建築物も取り扱う場合には、建築物等の鉄骨組立て等作業主任者技能講習を受けておくと問題ありません。とび工事の国家資格としては、「とび技能士」があります。3級から1級までありますが、実務経験も要求されますので徐々に挑戦してみてください。

群馬の有限会社CKNは、全国で重量物搬入据付・解体撤去工事などを手がける重量鳶業者です。弊社では、知識・経験共に豊富な職人が、どんな現場でも常に真剣に仕事と向き合っております。現在正社員の求人募集をしており、頑張りに応じて高収入を目指して頂けますので、ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら